カテゴリー
大切なあなたへ

りんご通信4月

今年は年明けから良くないニュースが飛び交っています。でも決して噂や嘘の情報に振り回されることなく落ち着いて考えてください。コロナウィルスについては、新型ということで政府も慌てているようですが、ウィルスなので今回だけで終わりというわけでなく、毎年同じ状態になる可能性があると思います。インフルエンザや胃腸風邪、溶連菌なんでもそうですが、一時期の流行はいつでもやってくると私は思っています。それに海外からの観光客、海外旅行、誰もが自由にどこへでも飛んで行けるのですから、それを止めない限りまた別の新型が出ると思います。全国の小学校から高校が休校になりましたが、それでこのウィルスが治まるとも思えません。学校のオープン預かりや学童は大丈夫なのでしょうか。休校になり真面目に自宅待機する子もいれば、どこかへ遊びに行く子もいます。渋谷などよくニュースでも見ますが制服姿で普通に朝から遊びにでかけています。逆に子供たちにとっては悪循環のようです。それに私たち大人は外出してもいいのでしょうか?県外出勤されている方も多くいます。結局家に持ち帰ったら家族は濃厚接触ということになります。働く保護者に対して配慮はされるのでしょうか。最初に正しい措置が取れなかったことで、私たちを怖がらせすぎのような気もします。カヨー店内の私たち以外の習い事は閉鎖されて先週水曜にゲームコーナーが閉鎖しました。運よく現在私たちだけなので、同じ場所に親御さんたちが大勢集まることもなく、ひっそりと営業出来ています。私たちの教室は少人数制で行っているので個々に気を遣いながらレッスンをしています。レッスン中もドアは全開放で行います。レッスン前後に丁寧に手洗いをすることとしています。子供たちには洗顔もすすめたいです。手洗いの正しい方法をドアのところに貼ってあります。同じもので英語版もあったのでカヨーに渡し全てのトイレに貼ってみてはどうかと提案しました。手洗いはどこででも正しくできるようにしてください。それともう一つ、すでにできている子もいますが、咳やクシャミをするときは、手のひらを使うのではなく腕で顔を覆うくらいにできるよう普段からクセをつけるように指導しています。マスクは飛沫を避けるという点で良いこともありますが、外していたり、表面を触ったり逆効果の可能性も考えあてにはなりません。ドア開放でいいことは他にあって、声が小さいお子さんは雑音に消されないように大きな声を出さないと先生に全く聞こえない状況になることです。生徒間の距離を取るように先生には言ってありますからなおさらです。この機会に大きな声を出せるように努力してください。なお、レッスン出欠については保護者の皆様のご判断にゆだねます。とにかく皆さん、よくなんでも食べ、良い睡眠をとり、適度な運動をし、くよくよせず、よく笑い、どんな菌にも負けないよう自己免疫力をあげてください。

今回のことでネットで見つけた記事です。一部抜粋しておくので目を通してみてください。『肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染が国内外で拡大している中で、政府は25日、重症者を優先して診る医療機関を整備するなどとした「基本方針」を公表した。感染の現状や背景、予防策などを改めてまとめた。【須田桃子、柳楽未来、五十嵐和大】

Q 予防法は?  A 風邪やインフルエンザと同様、手洗いや消毒などが有効だ。手洗いは、液体せっけんをたっぷり使い、爪の間や手の甲、手首まで洗うと効果的。アルコール成分を含む消毒薬を手や指にすり込むと、ウイルス除去の効果がさらに高まる。

Q マスクもした方がいいのか。

A 飛沫(ひまつ)で感染者が周囲にうつすのを防ぐ意義はありそうだ。予防効果ははっきりしていない。

Q 自分や家族の感染が心配な場合、どうすればいいのか。 A 風邪などの軽い症状の場合、政府は医療体制確保のため、外出せずに自宅で静養するよう求めている。ただし専門家会議は①37・5度以上の発熱が4日(高齢者や持病があれば2日)以上続く②強いだるさや息苦しさを感じる

Q 自宅で療養するとしたら、どのようにしたらいいだろう。 A WHOなどは自宅療養をする際、家族が感染するリスクを回避するためのポイントをまとめている。具体的には▽患者本人や看病する家族はそれぞれマスクを着ける▽患者は風通しの良い部屋で安静にさせる▽患者と家族は別の部屋で過ごす▽患者が使う食器、タオルなどは家族と別にする。通常の洗浄の仕方で消毒できる▽トイレや洗面台などはよく換気し、毎日掃除や消毒をする。』とありました。ご参考までに。

✅最後に日々私が思うこと…スマホを消毒していますか?普段から手の触れている物体として一番菌が繁殖していると思います。もしトイレに持ち込んでいたりしたら?お金も財布もカードも菌の住み家ですよね…言い出したらキリがありません。菌に勝つしかなさそうです。